希少価値をつけておくということ

希少価値をつけておくということ

希少価値をつけておくということ

これからの世の中で生き残っていくには自分自身価値を高めておく必要があります.

 

これからというようなことを言いましたがいつの時代でも当たり前のことですよね。何の価値もない、武器もないという人がサラリーマンでも生き残れるというのは厳しいのが当たり前です。

 

中には一度就職してそのまま特別なスキルをつけなくてもぬくぬくと生活できたという人もいるかもしれません。ですがそうした考えというのは今後はますます通用しなくなってくることが予想されます。

 

一生懸命努力するということが大切だということは当然ですが、それだけではなく自分だけしかその能力を持っていないというような希少価値を持っておくことが必要だと思われます。

 

 

絶対的なスキルを身につける

 

このことであればあなたに聞くしかないというような絶対的なスキルを身につけておけば仕事を進めていく上では有利になるでしょう。

 

やはり仕事においての第一人者というのは強いものです。その業界において特別な知識を持っている、特別な人脈を持っている、特別なスキルを持っているなどというような何かの武器があるということは生き残ることができる要素となります。

 

また、会社内で話だけではなく業界内での特別なポジションを得ているような人であれば転職に関しても容易に行うことができるようになりますし、普通の転職ではなく特別な専門職として高い報酬を得るということや将来的な独立というようなことも狙うことが出来るようになります。

 

この立場になるにはただ一生懸命努力をして仕事をするというだけではなくどうやって自分だけのポジションを得ることができるのかということを考えていかなければいけません。

 

一般的な営業であったり経理や総務であったりといったような普通の仕事ポジションであれば簡単に他の人とも代替ができることになってしまいます。

 

スキルを身につけるのであればそうではなくマニアックかつお役に立つようなもの、他の人が誰もが持っていないような要素かつ簡単に追いつくことができないようなものというのを考えた方がいいかもしれません。

 

もちろん営業でトップに立てばその実績を持って他の会社に移っていくことも簡単です。ただその道というのはとても難しいものになり、相当な適性というものも出てくるものになるでしょう。

 

より狭く深いような分野であれば自分が簡単にトップに立ちやすいというところもあるかもしれません。

 

 

複数の能力を組み合わせる

 

最近よく言われているのは複数の能力を組み合わせて希少価値を高めるというような方法です。

 

ひとつの分野で100人に1人のポジションに入ることはできても、それ以上に上に行くというのは非常に難しいことになってしまいます。

 

ですがもしふたつの分野について100人に1人の能力を持っていれば100人に1人×100人に1人で1万人の1人の存在になることができます。

 

1万人の1人の存在になれればこれはもう一般の会社員のレベルを超えた存在になれますよね。

 

ここまでの凄いことを狙わないにしても、 10人に1の組み合わせでも100人に1人になれます。希少価値を高めるのに複数の能力・スキルを持つというのは重要なことになってくのではないかと考えられます。

 

 

英語と仕事を組み合わせる

 

複数のスキルとして代表的なものの一つとしては英語があります。
英語が話せるという人はたくさんいます。バイリンガルという人もたくさんいますし、英語を話せることで就くことができる仕事の幅は広がりますがそれだけで出世したりサラリーマンとして成功するというのは難しいかもしれません。

 

ですが他の一般的なスキルと英語の両方ができるとなると話は変わってきます。一般的な営業のスキルがあるという場合でもそのスキルをに加えて英語ができるだけでかなり幅広くなりますし希少価値も高くなります。

 

トップビジネスマンであると言うだけで価値ありますがさらに英語もできるということがより希少価値を高めるのです。

 

英語ができると外資系で働くという選択肢も出来ますし、国際部門での勤務ということも選択肢に入りますし、本当に幅が広がるというようなイメージはあります。

 

また英語は日本国内では錯覚資産というような位置づけも持っています。英語が話せるからといってその人が必ず仕事ができるとは限りませんが、どうしても日本国内で英語を自由自在に話せるとその人は仕事ができるように見えてしまうのです。

 

実際の仕事の能力と英語を話すことでの評価が乖離してるとのは良いことではないかもしれませんが自分自身がそれをうまく利用することによってビジネスマンとしての能力を高めると言うのであれば良いのではないでしょうか。

 

 

希少価値を見つけられるようなキャリアを選ぶ

 

今後は自分自身の希少価値を持っていないとどんどん不利になってしまうということが起こるかもしれません。
与えられた仕事を一生懸命やるだけでは、そのうち自分自身の価値がなくなり通用しなくなるということも十分起こり得ます。

 

今のキャリアを積んでいくことが自分自身に希少価値を見につけることができるのか、また会社以外で何かをすることによって自分自身の価値を高めることができるのか。
このようなことも手遅れになる前に考えておきたいところです。

 

会社内での仕事はできたけれども一歩社外に行ったら何もアピールできるようなスキルはない、その会社の管理職としてだけの能力しかなかったというようなことが起こらないように、若い時から自分の方向性というのは常に考えてスキルアップをしておきたいところですね。


トップへ戻る