どこに行っても通じる能力を身につけろ

どこに行っても通じる能力を身につけろ

どこに行っても通じる能力を身につけろ

サラリーマンとして働くとなると基本的には一つの会社で一生懸命働いて出世していくというようなイメージを抱きがちです。

 

もしかするともうすでに若い方は次々と会社を移る渡っていくというようなキャリアプランを考えている人もいるかもしれません。

 

会社によってその雰囲気というのは全く異なりますが一つの会社での勤続20年というような人、その会社で定年までどうやってキャリアを積んでいこうかと考えてる人もたくさんいるはずです。

 

一つの会社だけにとらわれてしまうとどうしても世間が狭くなってしまうという要素があります。その会社では通用するけれども他の会社では通用しない、そのような人になってしまうと今後の社会では生きていくのが難しくなってしまうかもしれません。

 

 

終身雇用では必然的にスキルは狭くなる

 

昔の日本は基本的には終身雇用ということでとつの会社に入り定年まで勤め上げるということが前提とされている流れができていました。

 

一つの会社でいろいろなことを経験してだんだんと出世していくというようなキャリアプランです。

 

同じ一つの会社でもいろいろな部署を部署異動として回ったりすることになりますので経験としては複数のことがではないかと思うかもしれません。経験は確かに広がるということは事実ではあるのですがあくまでその会社内での経験というものになってしまいます。

 

その会社内では通用するけれども実は一般的な他の会社では通用しない、その会社内でしか通用しないスキルであったということも実は少なくないのです。

 

仕事のやり方もその会社オリジナルの度合いがあまりにも強く他の会社では通用しないということもあります。専門的なシステムを使っていてそのシステムに頼っている代わりに汎用性は無くなっているということもあるかもしれません。

 

営業なのでおいてもその会社独自の商品ではその対応できたけれども他社商品になると同じことはできなくなるということもあるかもしれません。

 

社内の中での仕事の進め方というようなものもその会社独自のものがあるということもあります。複数の会社を経験していればそれ前の会社の共通点を取って普遍的なスキルを身につけていくことができるかもしれませんが、どうしても一つの会社だけで働いていると何がその会社のオリジナルのものであり他では通用しないことなのかということもわからなくなってきてしまいます。

 

会社ないというのは非常に狭い世間で出来ていてその会社の常識が起これ通用するとは限らないのです。

 

もし転職することとなった時に汎用的な能力を持っていないと大変なことなってしまいますよね。

 

 

 

今の会社の境遇が良くないと感じたら

 

自分が今働いてる会社での自分の立場や境遇というものが良くないと感じて、実は他社に行けば活躍できるのではないかといったようなことを感じた場合具体的に動いてみるということも考えてみてもいいのかなと思います。

 

あくまで今活躍できてないのはその会社の中のその立場であるからであって、そうした場合他の会社に映った場合に環境が一気に変えることによって活躍できるチャンスが生まれることもあるからです。

 

もっともそう考えているのは自分だけであって自分のスキルが全く足りないということであれば話にはなりません。新しく会社が変わるということはその新しい会社で期待されて入ることになるためそこで仕事ができないと判断されてしまうとその後のキャリアが著しく不利になってしまうということもあるかもしれませんので注意は必要です。

 

今十分に実力を発揮できていないのはその会社だからなのかそれとも単純な自分の実力不足なのか、ここは考えてみてもいいでしょう。

 

結構自分自身のパフォーマンスとは別に周りの社員のレベルが高くなく物事がうまくいかないということもあるものです。他の社員との意識のレベルが違いすぎるというようなことも感じた場合は転職を考えていって言ってもいいかもしれません。

 

 

 

他の会社では通用しないというのは嘘

 

キャリアアップをしていこうと他の会社へ転職しようとすると、この会社で通用しないのであれば他の会社でも通用しないというようなことを言ってくる人は違う絶対にいます。

 

この会社を辞めて成功した人はいないというような話をする人もいるかもしれません。ですがそういった内容はまったくの嘘です。人が環境が変われば全く発揮できる力も変わってくるということはこれまでにも多くの例が出ています。

 

下手に新卒の会社にいると色々なしがらみが出てきてしまいうまく活躍できないということもあるかもしれません。転職で他の会社に入る方がフラットの見方をされてうまく仕事ができるって事もあるでしょう。

 

どうしても新卒として会社に入るとその会社の中での体育会的な雰囲気、年功序列的な空気を一番受けやすい状態になってしまい思うように活躍しにくいということが起こりがちです。

 

転職であれば、ある程度のスキルを持って入ってきているということは前提となってコミュニケーションをとっていくためにお互いに敬意を払い円滑に仕事が進んでいく可能性も出てきます。転職者を積極的に採用してる会社であれば転職者の扱いにも慣れているということで、より広い文化を切りやすくなってるとこともあるかもしれません。

 

 

終身雇用はどんどん崩れていく

 

今の世界の流れを見ていくとどんどん実力主義となっていき、会社も複数の会社を渡り歩いていくというのが当たり前の流れに変わっていくでしょう。

 

終身雇用の仕組みというのはその時代に採用されたということもありますが、おそらくグローバル化の流れを受けて復活するということは考えにくくなるのではないかと思われます。

 

他の会社であったり海外であったり優秀な人材をとにかく消えなければ会社としてもやっていけないような時代が来るため、年功序列で新卒の人を出世させるような仕組みでは会社自体が回らなくなるからです。

 

これからは終身雇用ではなくいつどこの会社に移っても大丈夫なように自分自身のキャリアプランも考えていきたいものです。一つの会社に入るとどうしても世間が狭くなってしまうという現象が起こりがちです。

 

今の自分の仕事や動きは他の会社に行っても通用するのか、どこへ行っても通用するスキルが溜まっているのかということは常に意識して動いていきたいですね。


トップへ戻る