苦手なことにも挑戦をしてみること

苦手なことにも挑戦をしてみること

苦手なことにも挑戦をしてみること

まだ年齢が若いうちには苦手なことであっても何でも挑戦してみた方が結果として良くなるということはあります。

 

特に仕事面に関しては楽しいものだけやっている面白いものだけをやっているとなるとそのうち行き詰まってしまうかもしれません。

 

仕事は基本的に大変なことが前提であり全ての仕事が楽しくて面白いなんてことありません。こういう仕事は大変でとてもきついということを経験として知っておくというのは後ほどの人生に生きてくるということもあるでしょう。

 

またそのご自分自身が管理職となって管理する立場になった時に現場の作業がこれだけ厳しいというような実感を持っているのかいないのかということによって判断力もまた変わってくるのではないかと思われます。

 

 

仕事の面白さはやってみなければわからない

 

仕事というのは一見面倒くさそうですし、取れかかってもやはり大変なだけというものをたくさんあります。ですがずっとやっていくうちにその仕事に面白さを見出すということは実際にあるものです。

 

やってみなければわからなかった事というのはたくさんあります。ほとんどは仕事については自分がイメージしてるものでしかなく実際の仕事はやってみて初めてわかるということばかりのはずです。

 

大体の業種でどのようなことをやってるかというのはわかっていても現場の一人一人のスタッフがどのように動くことを求められているのかということまでわかっている人はいないでしょう。

 

一見簡単そうに見えてもやってみると実は細かいところで難しい点がたくさんあった、まだまだ改善のしようがあるということも見えてきたりします。ただ上から見てるだけでは気づかなかったというのことはたくさんあるのです。

 

やってみて初めてやりがいが分かるというような仕事もあります。多くの人が希望する業種について希望する仕事だけをやっているわけではありません。ですが実際にその仕事をやってみたら思った以上に面白くて自分に合っていたというような気づきが得られるということもたくさんあります。

 

もしそういうことを感じられなかったとしてもその仕事は実際にやってみて厳しい、自分には向いていないことが分かったというのも一つの発見です。
今後のキャリアにおいて自分が絶対にやりたくないことが分かったということはあれば誤った道を進まずに済むでしょう。

 

 

人間関係も嫌いな人とも付き合ってみる

苦手なことにも挑戦をしてみること

 

人間関係においても嫌いな人とも付き合っているということも大事だとされています。昨今ではなるべく好きな人とだけ付き合えばいい、わざわざ大変な思いをする必要はない。嫌いな人とは関わらないで過ごしていけばいいんだというような生き方についても紹介されることが多いような気がします。

 

確かに夜中には自分と合わないような意見の人が大半でしょうし、プライベートの世界ではわざわざ大変な思いをしてまで嫌な思いをする必要はないかもしれません。全員に好かれなくても自分が気に入った人とだけ付き合っていければ十分に幸せを感じることはできるでしょう。

 

結局自分が幸せに生きるのが一番ですので無理にプライベートの世界で大変な思いをする必要はないのです。

 

ですがそれはあくまでプライベートの話であり仕事であればそうも言ってられないということがたくさんあります。このようなことはとても付き合ってことができないという風になっても、それが仕事上の関係であり繋がることが必須となる関係かもしれないわけです。

 

そのような場合嫌いな人とも思い切って付き合ってみることでやり方がわかるということもあるかもしれません。自分と全く意見が異なる人はどのような考え方をしているのかというのを知るだけでも勉強になるところがあります。

 

中には最初は嫌いだと思っていたけども付き合ってみると意外と良い人ということは分かり良い関係が築けてくるということもあるかもしれません。実際に表面上よくないと思っても付き合ってみないとわからないということはたくさんあります。嫌な人との付き合いであっても続けてみると良い面がたくさん見えてきたり良さを理解できて仲良くなっていくということはあるのです。

 

 

最初は仕事を選ばないこと

 

最初は仕事選ぶのではなくどんなことでも取り組んでみるというのをおすすめします。やりたいことだけをやっているといざ壁に当たった時に何も対処することができなくなるということはあるかもしれません。

 

やりたい仕事を焼いているうちはいいですがそのうちやりたくない仕事になってきた時にその仕事を対処できないと、やりたい仕事についても続けられなくなるという可能性も出てきます。

 

社会人として会社の中で生きていくためにはいろいろなことを見つけて行かなければいけません。今は好きなことをやっていけばそれだけでいいというような風潮が見えることもありますが、実際にはなかなかそうはいかないということ。苦手なことであっても一生懸命取り組んでみることで何か見てくるものがあるということ。

 

若いうちに大変なことになっても色々な経験を積んでいくことは後々生きてくることが多いということ。このようなことを忘れないようにしてください。

 

やはり何でも行ってみることであり、前向きに受け入れて動いていくということ、何か現状に不満があるのであればそれを改善しようと自分自身が頑張ってみるということは大切なことになってきます。

 

 

いつまでも苦手なことを続けるわけではない

 

目の前に苦手なことばかりが詰まっているととても大変だと思うかもしれません。ですがいつまでも苦手なことを続けていくというわけではありません。

 

それを受け入れるのも改善していくのも違う道を探していくというのも自分次第です。最初は何でも苦手なものでも受け入れて挑戦していき、やってみた上で本当に苦手であったり向いてないということが分かってくれば今度はその仕事を避けながらやっていくことを考える、または違う部署に異動したり転職することを考えるなどと自分のキャリアプランを考えていくことが大切になってきます。

 

目の前にが大変な状態であればなかなか毎日がつらいということもあるかもしれませんが、ただその目の前の仕事に押しつぶされるのではなく、それではその先にどうして行っていいかということを常に考えるようにしていきたいものです。

 


トップへ戻る