強さと優しさを併せ持つような人となること

強さと優しさを併せ持つような人となること

強さと優しさを併せ持つような人となること

会社というのは常に生き残るために一緒に戦わなくてはいけない存在になっています。儲かる事業であれば常にライバルが現れますし、どうやって差別化することを考え一生懸命頭を使って戦っていかなくてはいけません。

 

その戦いに負けてしまうと会社として潰れるだけで潰れてしまうと経営陣だけではなく従業員の給料というのも払えなくなってしまいます。また会社が潰れることで多くの取引先にも迷惑をかけることにもなってしまいます。

 

そのため常に帰って続けるということで会社としては強さを持ち続けなければいけませんし強い人材を作っていかなければいけないというところがあります。

 

ただし会社の中で働いていく以上、また会社人生だけの話ではなく一般的に生きていく上では強さだけではなく優しさも併せ持つような人となって行かなければいけません。

 

 

従業員に優しい会社も大事

 

会社として生き残っていくには厳しい会社同士の戦いも勝ち抜くということで強い人材を揃えなければいけないっていう話を言いました。必然的にその人達に要求する内容も非常に厳しいものになりどうやって戦いを勝ち抜くかということが第一に要求されるものになります。

 

ですが会社として成長していく以上ただ厳しいだけではなく従業員とっても優しい会社を作らなくてはいけないところがあります。会社として広く受け入れられていくためには、従業員が常に嫌な思いをして苦しん皆が戦うというような会社ではやっていけなくなってしまいます。

 

従業員がいきいきと働きにくい会社ではその会社ではなく続けていきたいとは思わなくなってしまいます。従業員には会社を選ぶ権利があり厳しいだけの会社に残り続ける必要はありません。今では転職も昔よりも自由にできるようになり自分の行きたい職場を選んで移っていくことが普通のことになってきました。今後もおそらく一つの会社に一生働くというよりは複数の会社を渡り歩くようなことがより普通のことになっていくのでしょう。

 

そういった状況の中ではある意味従業員といってもそれはお客様の一人であるとも言うところがあり、強さだけではなく優しさ働きやすさというものも求められていくのです。

 

 

社会に役に立つ会社でなければいけない

 

いくら優秀な人材が集まって高い売上を上げられたとしてもその会社自体が社会にとって役立つ会社になければその会社は世の中に受け入れられることはありません。

 

まだ会社の規模が小さいうちは会社の売り上げを第一としてどんどん成長させるということは大事なことになってきますが、ある程度の規模になってくるとその会社にも社会性というものが求められてきます。

 

その会社を行っているサービスが世の中の役に立つようなことであればいいのですがそうではなく、売上上がっても実質的に有害なサービスであったり、世の中の役に立たないということであればそれは淘汰されていく要因にもなってしまいます。

 

最近はなればなるほど社会貢献的なことを始めるというのもその一つかなと思います。これも強さだけではなく優しさというような要素のひとつになるでしょう。

 

 

個人も強さと優しさを備えるべき

 

個人であってもこの強さと優しさというような概念は一緒です。自分一人がどれだけ強くなる、今の社会では肉体的に強くなるというわけではなく社会的に強くなっていく、どんどんエリートの立場になっていくとしても、弱い人の気持ちがわからないようでは意味がありません。

 

自分がどんなに仕事が出来たからといって夜中には仕事ができない人もいれば、色々なことで問題があり弱い立場にいる人も沢山いるのです。

 

そのような人たちに少しでも寄り添うようなことができればいいですが、どうしても人間は自分が中心となり仕事ができるようになってくると他の人にもそう仕事ができるのを当然のように押し付けたり、自分の力を得るために他の人をないがしろにしたいというのことが起こってきます。

 

パワハラのようなこともその一種かもしれません。これからはどんなに仕事ができる人であってもその強さだけではなく優しさも備えて他の人にも寄り添うことができるような人になるようになっていきたいものです。

 

実力がないと生きていけないという厳しい社会ではありますがそんな社会は中でも、自分だけの勝利を目指すのではなく多くの仲間に受けいられるような人になりたいですね。

 

 

優しいだけでは生き残っていけない

 

今の会社の現状として優しいだけの人は生き残っていけないというところがあるかなと思っています。周りにらしいけれども強くない人は損をしてしまうというようなイメージです。

 

これは事実ではあるのですがあまりにも強さを追求するあまり組織として壊れてしまったりその会社で働く人たちの人間の関係性が良くないということも多くなっているように思います。

 

もう少し多くのことに寛容な人たちが集まって、より良い社会に合わせるような会社を作っていく、そしてその会社がしっかりと業績を伸ばせるようなことができていけばいいのになということは思います。

 

なかなか現実には厳しい会社のみが生き残るということもあり難しい面も非常に多いのですが、将来においては世の中の人がもっと生きやすくなるような会社が出てきて、もっと生きやすい社会まで来てくれればいいなということを考えます。

 


トップへ戻る