成果が出るまでやり続けること

成果が出るまでやり続けること

成果が出るまでやり続けること

 

仕事で大事なこととしては成果が出るまでやり続けることであると言われています。

 

努力をするのは大切なことになりますが、問題はどんなに立派な努力をしていたとしてもそれが続かなければ意味がないということになってしまいます。瞬間的に努力ができたとしてもそのことは続かないのであれば意味がありません。

 

また成果が出るとはいっても一時的な成果だけではなく継続的な成果が出ないと仕事という場においては評価されるのはなかなか難しいものになってしまいます。

 

中途半端な努力で何も成し遂げないままやめてしまい努力はしたのにダメでしたと結論付けるのは一番良くないことになります。一生懸命努力したけれども結果は出ませんでしたというのを学校ならまだしも企業は評価してくれません。自分の事業であっても同様に結果を出さなければ何も意味はないのです。

 

良い経験を積んだと感じるのは自分だけの話であり対外的には結果を出さなければいけません。結果を出すためには成果が出るまで続けること、これしかありません。

 

 

研究し続けてできない仕事はないのでは

 

仕事には個人の適性というものは明らかにあるものにはなりますが一部のケースを除いてその仕事に一生懸命取り組み続けどうやって成果が上がるのかというのを研究し続けていけばいつかは結果が出てくるものになります。

 

例えば事務職の場合、基本的には仕事覚えていてその仕事をマニュアル通りに進めることができれば大抵のことは結果が出てくるものです。上級の仕事になってくるとマニュアル以外のせいか体の求められるようになってきますが、まずは基本をマスターできてるかどうかが大事です。

 

事務職の仕事ができないというのはその仕事が向いていなくてあまり成果が出にくいということもあるかもしれません。ですが基本としては努力をし続けていけばその仕事が全くできないと言われてる状態からはほぼ必ず抜き出すことができるようになります。

 

その業務知識が足りないといっても勉強すればカバーできるものになりますし、仕事に関しても慣れの問題というのが出てきます。少し仕事のレベルが上がってマニュアル以外の対応しなければいけなくなってきたとしても結局は全ての仕事は人が対応して解決することができるものになっています。だんだんついてくる業務知識と繰り返す対応の経験・感によってマニュアル以外のことに関しても対応できるようになっていくはずです。

 

もしもしその辺りが全くできないということであればほとんどの事は努力不足であり努力の仕様によっていくらでも出来るようになるということはほとんどではないでしょうか。本人の才能が絶えなくて事務職の仕事ができないということは好き嫌いの問題を抜きにすれば現実的にほぼありません。

 

 

営業の場合も同様に能力を上げられる

 

営業の仕事になってくると相手がいる仕事になるので単純にマニュアルを覚えればいいとかいう問題ではないものが多くなってきます。

 

その人独自の個性やキャラという問題がありそれによって成約率が上下する、売れ行きが変わるということも起こってくるはずです。

 

ですがこの問題も基本的に努力をし続ければ成果を出すことができると考えています。これもどうしても向いていない人であったり本当の例外というところはありますので絶対という話ではありません。

 

ただ基本的には研究することでできるようになることはあるはずです。営業も自分がその他一任者でもない限り必ず成果を上げている人がいるはず、その人がどのように行動しているのか、どのような話を顧客としているのかを研究していけば自分もその行動パターンを真似することになってうまくいくということは十分にあり得ます。

 

営業だからといってその人独自のトーク等に頼ることなく科学的にどのような話をしていけば相手がその話に乗ってくれるのかということを分析していけばいいのです。

 

必ずこういう話題をすれば雑談であっても相手が良い影響を受けるということであればその内容について自分も勉強していればいいということ、これは努力でなんとかなることになりますよね。

 

本当にこれでトップ営業マンになれのかどうかというのはまだ話が違うことになってくるかもしれませんがある程度のレベルに関しては他の人がどのようにやっているかということを学んでいたり、営業のプロがどのように行動しているかということを勉強していけば少なくとも業績アップには結びついていくはずです。いくら努力しても全く結果が出ないということは考えにくいでしょう。

 

 

どんな職種であっても努力で成果は出る

 

事務職であっても営業であっても他にも色々な職種というのは世の中にありますがどのような職種であっても基本的には努力をしていけば成果は提供になっていくというのは標準的なのです。

 

これが本当に一部の感性が必要な仕事であったりスポーツ選手のような特別な肉体であったり、動き方が必要になると言うのであれば話は変わってきます。

 

これは一般の仕事であれば基本的には特別な能力がないとしても努力によって結果は出せるようになるもんなのです。そんなに人を能力というのは変わることはありませんし結果が出るか出ないかというのは努力次第だったりするところも大きいのです。

 

問題は途中でやめてしまうということ、本当はあと一歩で成果が出にもかかわらずなかなか努力していても成果が出ないので途中でやめてしまうというケースは大変多かったりするものです。

 

努力と結果が単純に正比例するような業務であれば自分も時間が空くといいのですがなかなかそうもいかない仕事っていうのも多くあります。たくさんの努力をすることによってある時ふときっかけをつかんで急激に仕事のことがわかる、業績の伸びるということは実際にあります。

 

なかなか単純に定量化できないような業務をやってる人がほとんどになるでしょうし、何かのきっかけによって仕事の業績を伸ばしやすくなる、考え方一つを変えたり、話し方を変えたり、アプローチ方法を変えたり、いろいろな試行錯誤することによってある時に結果を出せる方法に気づいたりすることがあるものです。

 

こうしたことは努力を継続することですか達成することができません。ギリギリまでその答えに近づいていてもそう何回でやめてしまってはいけないのです。

 

成果を出せるまでどれだけ努力ができるのか、そこが成功するかどうかの重要なポイントになると考えておいてください。

 


トップへ戻る