仕事で後悔はしないということ

仕事で後悔はしないということ

仕事で後悔はしないということ

仕事で後悔はしないという生き方をするのはいいというような話を見ました。

 

何かをする前にはしっかりとそのことを考えてその結果が悪いものであってもいいと最初から覚悟を決めて取り組むということ。後で後悔することはしない。

 

こういう考えをもって取り組めば全ての事がうまくいくことはないとしても、後悔をしてつらい思いをするということはなくなるはずです。

 

 

後悔をしても何かが帰ってくるわけではない

 

仕事においては失敗したことの反省をして次に活かして行くというのはとても大事なことにはなりますが後悔をしても何かが持ってくるわけではありません。

 

後悔をするというのはただやらなければよかった失敗したということで自分自身のつらい思いを振り返るだけでありそこから何かを得ることはできません。

 

反省というものと後悔というものは全く違う概念です。失敗したことを振り返って次はプラスに向かうように頑張るというのであればいいのですがあの時やらなければよかったというのはどうしようもありません。

 

あの時その行動しなければ良かったと思うぐらいであれば、それはその時の判断軸が後悔するような判断軸でしかなかったということになってしまいます。

 

結果を変えることはできませんし、その仕事の取り組み方をしたことによって失敗したというのは例はたくさんあるでしょう。ただその方法をやるとした時に最善の方法を取ったのであればそれは今だからこそ失敗した、後悔すると言えるだけでその当時は最善の方法を取ったのであれば仕方ないということにしかならないのです。

 

対外的には過ちをして失敗をしましたということを言うかもしれませんが、自分自身がその時最大限の思考をして、自らの覚悟と共に選んだ道であると言うのであればそれを今更どうこう言っても仕方がないのです。

 

 

仕事には覚悟を持って挑むということ

 

仕事は当然失敗するリスクはあります。仕事だけではなく人は生きている中で何度も反応するようなことがありますしその判断によって結果は良くなるということはいくらでもあります。

 

だからといってそれをあとから後悔したところで何も解決することありませんし、自分自身を嫌な思いにさせる、痛めつけるだけであり何も得ることないのです。

 

後から後悔することのないように失敗してもいいという覚悟を最初から持っておくということ。そのために真剣に考えて判断をしていくということ。
その当時できる最大限の判断をしたということであれば後で失敗してもそれは仕方がなかったというようにしか思えなくなってきます。

 

今あの時そうすれば良かったなと思うのはあくまで今だから思えるのであって、もう一度その時に持ったとしてもその時の条件であればやはり同じような行動してしまうはずです。

 

そうではなく安易に決めたのは失敗だったということであれば、今後は後悔しないような決め方をするようにしていきましょう。

 

 

判断をすることはたくさんある

 

目の前の仕事というだけではなく自分の人生のキャリアプランということで見ると判断をしていかなければいけないことはたくさんあります。

 

まず最初に就職をする時でもどこの業界を狙っていくのか、どこの会社を受けるのか、 どのような職種を希望するのかということも全て自分で決めて行かなくてはいけません。振り返ってみると今となっては信じられないな考えをして決めてしまったっていうのことがたくさんあるかと思いますが、その時にできることの最大限をして決めたのであればやはりそれがその時の自分の実力であり後悔するような内容ではありません。

 

就職をしてからも仕事をどのように進めたのか、 人間関係をどのように構築していったのか、その先のキャリアプランをどう考えたのか、希望部署をどのようにしていたのか、スキル習得を通していったのかなど判断することは本当に多いです。

 

そしてその会社での出世を狙うのか、転職をしていくのか、それとも起業するのか。本当に悩むことは多くあるはずです。

 

だからこそ一つ一つの後悔なんてしないということ。後悔しないように事前に自分を選ぶことには覚悟決めて後からグチグチ言うことをしないということ。

 

これは気持ちの持ちようでもありしっかりとした覚悟を持って臨めば後からただ後悔するだけでなんの進歩もないというようなことをすることができるでしょう。

 

 

今からでも物事は変えていける

 

仕事であまりキャリアプランを歩いて来れなかったり、良い環境に言えなかったということで過去のことを後悔してしまうということもあるかもしれません。

 

ただいろいろな問題があるとしても今からでも自分の進む道ということを書いていくことは可能です。昔と違い色々な選択肢というものもより生まれるようになってきました。

 

転職であっても以前は早い段階で転職しないとある程度の年齢になってからの転職は厳しいとされていたのはだんだんとそういう空気もなくなってきましたし、自分で道を開拓しやすくなってきました。

 

今の職場でうまくいかないけれども新しい職場に行けばうまくいくというような考えが出てそのことに後悔はないのであれば思い切って転職をしてみるというのも一つの方法です。

 

また転職というようなことではなくても副業をして本業とは別に収入を得るというの方法も出てきています。全ての会社ができるわけではありませんがそうしたことができれば自分の好きな方法で収入を得てお金の面で悩むということがなくなるということはできるかもしれません。

 

やろうと思えば今の職場でずっと働くというわけではなく新たな道を探すということも十分できるわけです。今のポジションにいるというそのことを過去の事を振り返って後悔しても仕方がありません。

 

それよりは前に進むにはどうしたらいいのかということを考え、あなたの判断には自分の覚悟を持って頑張っていくというようにした方が良いのではないでしょうか。

 


トップへ戻る