仕事で成功するためには?

仕事で成功するにはただ実力だけではなく運をつかむということも必要となってきます。
ですがその仕事の中の運というのは単純なうんというだけではなく自分自身でそのチャンスを掴めるかということも大事になってくるでしょう。

 

その人の行動によってチャンスを掴みやすい人もいればなかなかそういう行動には出にくいという人もいます。仕事も成功には運の要素が絡むとはいっても成功しやすいような行動をしていればその可能性はぐっと高まってくるのです。

 

基本的にはポジティブな考えを持って動いているのかどうか、他人のことを考えてきちんと大切にして動いているのかどうか、そして行動力があるのかどうかというようなことが関わってきます。

 

チャンスは必ずしも目に見えているとは限りません。日々の行動の中からチャンスを捕まえるための動きをしていれば以前出てくるという思いもあってきます。決してスピリチュアルの話をしているのではなく、社会人としてこの人は信頼できると思われるような行動をしていくことが大事だということです。

 

 

成功するために年齢は関係ある?

 

仕事で成功するために年齢というものは関係あるのでしょうか。何歳までにその能力が身についていれば成功するのかしないのか。

 

実際世の中には何歳になっても成功するという人もいます。かなり歳をとってから大成功するという人もいるでしょう。

 

ただ一般的なサラリーマンの場合だいたい35歳程度という要素はあるようです。この時期を過ぎてしまうとだんだんと頭が固くなってきてしまい自分の過去にこだわったりすることで新しいことを受け入れ難くなっていくということもあるということです。

 

あくまで一般的な話であり人によっては何歳であっても柔軟に物事を吸収して仕事でも良い成果を残していくということはあります。 一般論としてはだんだんと融通はきかないような人になってきてしまうというようなイメージはできますよね。

 

上司を見ても全員が常に頭の回転がいいというわけでもないですし人間的にも素晴らしいというわけでもないかと思います。どうしても年齢とともにこだわりが強くなってきてしまいますしまた一定の地位が出てしまうとその地位に落ち着いてしまい保守的になってしまうということもあるでしょう。

 

年齢としてだいたい35歳程度が分かれ目になるというの話をしましたがあくまで一般論ということですのであなたにとってはそのようなことがないようにいつまでも柔軟に物事を考えるようにしていきたいものです。

 

 

知識だけでは成功はできない

仕事で成功するためには?

 

仕事に関しては知識だけでは成功はできない、これは多くの人が実感していることだと思います。

 

その職種によって必要なバランスは変わってきますが、知識・技能・人格というものが出てくるでしょう。

 

知識というのはその物事について詳しいということ。深い知識を必要とする専門家にとっては重要なことになりますし、その業界の第一人者を目指していくというのであれば重要なものになります。
ただし一般的なサラリーマンにとってはどうでしょうか?特定のことに詳しいだけでは会社の中で生き残り、勝ち上がっていくことはできないように思います。

 

技能となると、単純な知識量の話ではなく、コミュニケーション能力であったり、企画力、提案力等のようなが入ってきます。一般的な社会人としての能力が高いというのはむしろこちらの方になってくるのでしゃないでしょうか。

 

そして人格面。コミュニケーションの高さというのもこちらの要素もあるのかもしれません。普通に仕事をしていく上では知識や技能の能力が重要になりますが出世をしていき、みんなを導くリーダーという立ち位置になることを考えると、人格面は重要になってきます。

 

人間性がよいから出世するというわけではありませんが、ある程度の立場になっている人はそれなりのものを持っているという人が多いように思えます。人間を磨くための行動というのもある程度のポジションになるとやっていきたいものです。

 

 

仕事を頑張る以外のことも大事

 

仕事で大きく成功していくには仕事を頑張る以外のことも大事なのではと考えます。広い意味だとそれも仕事に含まれるのかもしれません。

 

目の前の仕事を頑張るのは大事なことですし、まず目の前のことを達成していないと会社で評価されることはありません。

 

ですが、その仕事だけを完了していても、いつまでも同じことの繰り返しになりそれ以上の進歩がないということもあるのです。会社によっては次々といろいろな経験を積ませてくれるところもありますがそうでないところも多いでしょう。

 

仕事のシーン以外であっても、普段から自己啓発として読書をしたり、資格の勉強をしたり、語学の勉強をしたり、専門技能を学ぶ、何か教養となるところを見つける等の自分を磨くための行動が必要になるのかなと思われます。

 

その会社内だけの出世の話だけではなく、転職であったり、そこまでは行かなくても部署異動であったり、新たな方向性を見出したりということで多くの経験がある方がその先が見えてきやすいという面もあるでしょう。

 

目の前の仕事だけに捕われることなく幅広い目で多くのことを見ていきたいものです。

 

 

会社の仕事だけではない自分自身のスキルを

 

今の時代、いつまでもその会社があり続けるとは限りません。また会社があり続けていたとしても自分のポジションがずっと安泰であるという保証は何一つありません。

 

会社の仕事だけができるようになっている。その会社特有の業務はできるけれども他の会社に行くと仕事ができないという場合、会社の立場がなくなった時点でどうしようもなくなってしまいます。

 

今後、一生ビジネスマン人生を歩んでいくのであれば普遍的なスキルをつけるというのは必須となってくるでしょう。それは営業スキルであったり企画力スキルのような話でもいいですし、絶対的な専門的スキルを用意するのもいいでしょう。

 

何か他の会社の人も欲しがるような客観的なスキルを持っておいた方がいいということです。

 

そのようなスキルは外部で勉強をしたりすることもありますし、社内でも日々の過ごし方によって身につけることができるようになります。日々の忙しいルーティンワークの中であっても、仕事の段取りの仕方やコミュニケーションの仕方、仕事の進め方等を工夫していって、改善を積み重ねる、自分のノウハウを積み重ねる等で汎用化できるようなしていけば、そのスキルは他社で同じようなことが起こっても対応できるようになってくるのです。

 

自分自身をスキルを身につけられるのかどうか。そういうことを日常的に意識していくだけでも違ったものになるのです。

 

 

このサイトではノウハウや知見の共有をしていきます

 

このサイトでは仕事に対してどのように取り組んでいけばいいのか。
多くの本やネットの情報であったり、独自に社会人を経験して得られたようなノウハウ・知見等を集めていきたいと思っています。

 

個人的な見解も多く含まれていますので、ここの内容が絶対的に正しいものではありませんし、一方的な内容も含まれるかもしれません。
ただ、読むことによって何かの気づきを得られるようなものを身につけることができるようなコンテンツを作っていきたいと思います。

 

日々の仕事の中でも少しずつノウハウを取り入れていって少しでも自分を理想の状態にできるように頑張っていきましょう。


トップへ戻る